コーヒーブレイク

完璧

 「完璧」ということばは、中国の有名な故事からできたものです。

 戦国時代、秦の昭襄王は趙の恵文王から十五城と交換するといって「和氏の璧(かしのへき)」という家玉をだましとろうとしました。

 趙の外交官藺相如はこの企みに気づき、秦王を欺いて、ぶじ家玉を持ち帰りました。璧(たま)を完(まっと)うするということから「完璧」ということばができたのです。初めは、「人から借りたものを無傷で返す」という意味でしたが、やがて、完全で欠点がないことをいうようになりました。

 ですから、「完璧」の2文字目は「壁(かべ)」ではなくて、「璧(たま)」が正しいのです。



[coffee break]
[前] [HOME] [次]