コーヒーブレイク

引き算の発想

足し算の発想

 お客さんにお釣りを渡すとき、日本人は普通、引き算で計算します。例えば、250円の商品を販売して2千円札を受け取った場合、2,000円−250円=1,750円という具合です。

 ところが、アメリカ人の場合は足し算でお釣りを計算します。つまり、250円にあといくら足せば2,000円になるか、と考えるのです。250円+50円×1枚=300円、300円+100円×2枚=500円、500円+500円×1枚=1,000円、1,000円+1,000円×1枚=2,000円。したがって、お釣りは50円1枚、100円×2枚、500円×1枚、1,000円×1枚で1,750円という具合です。



[coffee break]
[前] [HOME] [次]